音信普通

音信普通2012③「終着駅 長崎」

音信普通2012③「終着駅 長崎」

私の故郷である松本駅では、今でも列車が入ってくると「まつもと~、まつもと~、終着、松本です」というアナウンスが入ります。松本駅からは、長野駅方面には篠ノ井線、大町方面には大糸線、そして上高地のふもとである島々には、松本電鉄上高地線があるので、終着駅ではありません。しかし、新宿からあずさに乗って約3時間、やっと松本にたどり着くと、なんとなく終着駅のイメージがあります。

今回の唄音コンサート、ふるさと長崎の唄を集めました。おなじみの唄が、たくさん演奏されます。ところで、終着駅長崎のその先は、海を渡って東アジア。お隣は中国、そして韓国です。上海帰りのリルの舞台は、もちろん長崎ではありませんが、長崎にも上海から帰って来たルさんがきっといたでしょう。先日、男声合唱団の練習にお付き合いさせていただきました。私より年上の男性諸氏が、「リ~ル、リ~ル」と生き生き歌っていらっしゃって、皆さんの心のリルはどこにいるのだろう、などとつい考えてしまいました。

港町ブルース、上海帰りのリル、終着駅長崎。これらはみな、人生を旅する歌かもしれません。唄音コンサートは、いよいよ明後日の28日午後3時。子どもコーラスも、アンサンブルも、オトナコーラスも、順調に仕上がっています。アンサンブルのアレンジ楽譜もすべて届きました。事務局も当日の配置表を含め、着々と準備を整えています。あとは、皆様を会場にお迎えするだけです。

「坂道いつも、坂道ずっと、子どもの頃からそうだった。終着駅長崎、また ふりだしに戻る。」演奏会当日は、豊島さんのソフトな歌声で、終着駅長崎をお楽しみ下さい。(唄音制作委員会 堀内伊吹)

【2012/10/26】
このページのTOPへ